Things iPhoneのアップデート

投稿者: | 2011/2/12 土曜日

ThingsのiPhoneアプリがアップデートしてます。熱望していた繰り返しタスク機能がiPhoneでも使えるようになりました。つい先日まで欲しかった機能が改善されました。この機能がなかったために、Nozbeに浮気したりしました。ごめんなさい。それにMac版Thingsとの同期も修正されています。この2つの不具合が理由でNozbeに移行しましたが、正直言って、NozbeとThingsの基本機能は一緒です。それはGTDの考え方に基づいて作られているから当然といえば当然かもしれませんが、Nozbeに移行する理由自体が無くなったので古巣に戻ることにします。1ヶ月分の利用料とiPhoneアプリ代が失われてしまった。。。そこで、Nozbeも使ってみてThingsとの違いやそれぞれの特徴を書いてみます。誰かの参考になるかな。

Thingsのメリット

・Mac版Thingsはアプリなので、サクサク動く。もたもたしない。
・機能的にシンプルなデザインなので操作に迷うことがない。
・トータルとしてNozbeより安いはず。1年間使うとしてNozbeよりも安いということ。
とにかくサクサク感が素晴らしいです。ウェブベースのサービスとの違いは断然ここ。

Thingsのデメリット

・同期がWiFiでしかできないとこ。クラウド化希望。
でも、これはもしかしたら、すでに改善されたかも。これまではiPhone版で繰り返しタスクが出来なかったための不満点でしたので、もう問題ないかもしれません。

Nozbeのメリット

・クラウドで同期すること。
・EverNoteやGooGleカレンダーと連携するため、この機能のために利用する方も多数なはず。でも、それは業種による。インターネット利用の規制が多い私の環境には不向き。逆に羨ましい。
・プロジェクトにおけるメモの概念が素晴らしい。また、コメント機能もあり、感情までも管理できる。

Nozbeのデメリット

・デザインがあまりよろしくない。iPhone版もweb版も。好みの問題かもしれないが、毎日使うものだからこそ重要と考える。
・Someday/Maybeの考え方に工夫が必要。
・毎月の利用料が正直高い。投資と考えれば許容範囲?

つらつらと書いてみました。でも、Nozbeを使ってみて改めて感じたThingsの良さというものもありました。どちらのツールも優秀です。この記事書いてても楽しいです。それに、改めて両方の良いところ悪いところが整理できて、なぜかNozbeへの未練まで生じてます。欲深いなオレ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です